国内に感染者が、100万人以上いると言われる、性感染症のクラミジアの、特徴と有効な海外医薬品を確認して起きましょう。
特に近年は若年化が進み、10代後半から20代にかけて、増加している傾向があります。
男女別に症状は異なり、個人差が大きい事から、発症に気づかないケースも見られます。

男性
・排尿時
灼熱感
痛み
・尿道
かゆみ
不快感
初期、薄い膿
後期、濃いクリーム状の膿
・睾丸
腫れ
軽い発熱

女性
・比較的に自覚症状が分かりにくい
・性器
性交時に痛み
おりものの増加
不正出血
・下腹部
痛み
・喉
炎症

感染経路は粘膜同士の接触、精液、膣分泌液、またはオーラルセックスやキスなどで、口内や喉頭に感染、女性は不妊症や子宮外妊娠の原因となるケースあります。
潜伏期間は約1~3週間で、検査可能日は対象性行為から2~3日とされています。
確認方法にかんして男性は、初尿、女性は子宮頸管からの分泌物を検査、または咽頭周辺の粘液を調るそうです。

治癒は1日~1週間、抗生物質服用します。
劇症骨盤腹膜炎や肝周囲炎などの症状が出ている場合は、3~5日ほど点滴をしましょう。
再検査にて抗体が陰性になっているかを確認し治療終了となり2~3週間後に再検査を受ける事が望ましいそうです。
有効なジェネリック医薬品として代表的なクラビットがくすりの宅配便にありました。